4/23時点保有株式損益額と石原産業買付理由

ボン骨君
来週も、更にズドンズドン下げるだろうね。

現時点での私の保有株評価額は、+66000円となっています。

この何週かの間にズルズルと落ち続けていきましたから、前回と比較するとかなり悪化しましたね。

来週以降、そのうちに評価額が全銘柄でマイナス転換する予測をしています。マザーズ指数は現段階から-50ポイントほどまでは下がる見込みでいまして、直近高値が843ポイントであったことを踏まえると、私の保有株損益額が完全にマイナスになるかどうかというあたりが底値かなと考えているところです。私なりのチャートから見た予想ですのであてにはならないのですが。(笑)

金曜夜間からNYダウナスダック総合指数ともに急落しておりますので、月曜日は日本株もかなりの下落幅となりそうです。

一方、現在の保有状況は以下のようになっています。

ファーマフーズ 100株

アートスパークホールディングス 1200株

インパクトホールディングス 200株

石原産業 100株

また、石原産業の買付理由は下記のようになっております。

❶中小型グロース株でないということ(保有銘柄がこれまで偏りすぎてはいた)

❷指標面でかなりの割安であったこと(PER6倍、PBR0.5倍ほど)や、自己資本比率も44%と良好であるといった点を総合して判断したこと(※当然ながら指標関連は従来通りに参考程度の捉え方ですが)

❸底値は930円程度であると読み、1000円前後でレンジ圏を形成しつつ上昇に転じることを期待した点(今なら仮に含み損になったとしても大きな額にはならない→保有継続しやすい)

❸コロナショック以降の業績が向上していること(2019年までの推移を考えてもまだ数字が伸びる余地はある)、また比較的短期間で需要回復しいくつかの懸念事項を警戒しながらもコロナ禍の市況に対応していること

❹核となる事業いずれにおいても国内外で展開できていること

❺長期ビジョン及び中期経営計画の達成に向けて売上高やROEは堅実に目標に近づいていると思われた点

❻ESG・SDGs 視点での経営も意欲的に推進すること

配当利回り等はたいしたレベルでもありませんが、チャートを見る限りエントリーのチャンスとしてそこそこ良いと感じられましたので、今回動いてみた形です。

ちなみに次の本決算発表予定は、5/11のようです。来期予想がどうなるでしょうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。