ファーマフーズ2022年7月期決算発表

ボン骨君
いつもながら、PTSは当てにあらないんだよね。

本日の保有銘柄については、前日比でファーマフーズ-3.50%、セルシス−0.32%、インパクトHD +0.14%、石原産業-0.96%、ライトアップ+2.49%となっています。

前日の上方修正を受け、高値圏からナイアガラの流れになりましたね。私としては一旦は持ち直すかと思われましたが、最後は長い陰線(下髭無し)で引けました。

業績がさらに悪化したわけではなかったのにこれはなぁ・・・という印象は受けましたね。(期待値が高すぎるんでしょう)

そして、本命の決算発表をこの日、迎えました。

2023年7月期の業績予想も前期比で売上高18%増、営業利益10%増、経常利益0.3%増益程度、であるという発表内容でしたので、大幅減益予想でもないとはいえガッカリくるものであったのでしょう。PTSは1,300円台で推移していますね。

明日は短期筋中心に投げ売られ、1200円台も十分にありうるかなと感じています。ただし短期的に売りが先行したとしても、数日すれば今の水準まで戻ってくるものと個人的な予想はしています。

三桁まで一気に落ちるというのは考えにくそうです。

そういえば、ファーマフーズに関してはシンジケート方式によるコミットメントライン契約締結のお知らせも出ておりました。

メインバンクである京都銀行をアレンジャーとする総額 76 億円のシンジケート団が組成されたということで、新たに地方銀行5行が取引先として加わることになったとのことです。
これは、当社グループ及びヘルスケア領域の拡大を狙う中期経営計画の実現性が高く評価されたことに
よるものという記載がなされておりました。

今期に関する業績への影響は軽微なものらしいですが、中期経営計画レベルではその達成に寄与するものと見られているようです。

昨日に続いて今日までなんだかんだとありましたが、もし今後数年の業績すら信用できないとなった場合でも、ある程度戻したところで手仕舞いということにはなりますね・・・。

●おまけ-今日の夕食

エビとイカのケチャップ&マヨ炒め作りました。

まぁ、悪くはないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。