テクノホライゾン、作業監視システム発売

ボン骨君
またしても新たな材料だね。

本日の保有銘柄については、前日比でファーマフーズ−1.17%、アートスパーク−1.31%、インパクトHD +4.78%、テクノホライゾン−1.18%となっています。

テクノホライゾンの連結子会社アインドが6日、AIで作業を監視する「作業の番人」を発売したと発表されました。

こちらは工場現場における多様な作業を撮影したカメラ画像で作業者の作業をリアルタイムで監視する 作業監視システムだそうです。誤った手順や異常な作業を検出するとアラートを出すとのことです。

株価は一時的には上げていましたが、最終的には調整することになりました。易々とはいきませんね。

一方、ファーマフーズに関しましてはやはり一定の失望売りが出ましたね。

案の定、高値掴みになっていると思った人が簡単に投げてしまった感がします。

私としては何も心配はないですし、買い戻されて上げていったら一旦利確してしまおうと思います。

●おまけ-今日の夕食

親子丼を作りました。

昨日の肉巻きも貼っておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。