インパクトHDの22年12月期業績予想等が開示

ボン骨君
数ヶ月近くは出ないままかと思ったけど、意外と早く出たね。投資家からクレームでもあった?

本日の保有銘柄については、前日比でファーマフーズ−3.90%、アートスパーク−4.52%、インパクトHD -0.20 %となっています。

ウクライナ情勢を見てのリスク回避の動きは強まるばかりで、日経平均マザーズ指数いずれもズドンと下落です。

この日は、インパクトホールディングスの先日の決算発表時には未定となっていた予想について、情報が開示されました。

私としては上の記事にて述べたように、業績予想が無かったことが売る理由には全くならないと考えていましたし、S安になる意味もわからないと感じていました。ただし、今回の対応があったことで少し安心したところはあります。

https://impact-h.co.jp/news/news-detaile/?post_id=13270

↑こちらの記事で決算直後のS安についても言及され、株主の不安を招いたことを詫びる内容が記載されていました。まさか開示しないことであんな下がるとは思わなかったでしょうし、急いで予想を出すという方向に急転換したといったところでしょうか。

新型コロナウィルスはまだまだ収束しない前提で数字を弾き出された点、経営者の方針として正しいものではないかと個人的に強く思われます。

あえて非開示だったのは今後様々なM&Aや新事業の検討がなされ、+αの成長という部分がある程度見込めたら発表しようという戦略があった旨が説明され、また配当に関しても丁寧にコメントされていたように感じました。某首相のお嫌いな『株主還元』について社長自身で考えていることについても触れられており、これからは配当を出す可能性や自社株買いを行う意向がある模様です。

また明日、続きの内容を書いていきます。今日はこの辺で…。

●おまけ-今日の夕食

牛ごぼうをまた作りました。

少し砂糖多めに使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です