アートスパークHD3Q決算発表

ボン骨君
いよいよ本命の決算だね。

本日の保有銘柄については、前日比でアートスパーク−2.55%、インパクトHD +0.72%となっています。

アートスパークはこの日決算ということで大引け後の発表となりました。

前年同四半期比で売上高+11.3%で、経常利益+87.3%の増減率になっているとのことでした。ただし今期1Q2Q比較だと数字が落ちている様子でした(前半の勢いなら達成できたであろう経常利益の進捗率90%に届かず)。2021年7月28日に発表された業績予想からの変更は無い模様でした。

サプライズ感ある材料は無しのため少々期待し過ぎていた投資家からは落胆されるかもしれません。

実際、PTSの反応は予想通りといいますかそこそこ下げています。出来高もそれなりにあり、週明けは1000円前後でウロウロするのではないかと感じられます。

決算後は十中八九売られる想定ではあったので、下がったところで喜んで買い増しいたします。(業績が悪化していたら違う選択をしたでしょうが…)

※以前書いた記事がこちら

2021年残り2ヶ月をどう活用するか

基本の軸として、こちらの記事で書いたような動き方をしたいと思っています。

来週末はインパクトの決算です。それが無事に終わればちょっと一息つけそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です